腰痛の治し方をリハビリテーションのプロが徹底的に伝授する

当サイトに来て頂きありがとうございます。

運営管理人の腰痛治療家で理学療法士の平林と申します。

このサイトにたどり着かれたという事は、ひょっとして、あなたは、【腰痛】に悩んだり、苦しんだりしているのではないでしょうか?

  • 腰痛で歩くのが辛い
  • 腰痛持ちで仕事ができなくなる、休んでしまう時がある
  • 腰痛によって、大好きなスポーツや部活ができなくなった
  • 腰が痛くて起きあがるのも辛い
  • 足がしびれて歩けない

など、腰の痛みや足のしびれなどについてお困りではないでしょうか?

誰もが一度は必ず腰が痛くなった事はあると思うのです。

腰の痛みは突然やってくるので、予想する事が困難です。

さらに、腰痛は、活動制限をかけてしまう一番の原因ともなっていますし。

一度、腰痛になってしまうと、繰り返しやすく慢性化してしまう可能性も多い症状です。

そこで、もし、あなたが、腰の痛みや足のしびれでお悩みの場合は、当サイトの内容を実践してほしいと思います。

このサイト内の記事を読んで理解して頂けることで、あなたの腰の痛みに関する悩みの解決に繋がれば嬉しく思います。

運営者の私は理学療法士というリハビリテーションの国家資格を持っています。

理学療法士とはリハビリテーションの専門家です。

人間が活動するために、必要な筋肉や関節、神経組織に対して。

医学的知識を用いて身体機能の力を引き出す専門家です。

さらに、痛みやしびれなどの症状に対しても治療を施します。

理学療法士は、医学的知識を用いて、体の症状を治すために最大の努力を行います。

運営者の平林(私)は今でも、現役で腰痛持ちの患者さんを治療にあたっており、実際に効果のあった方法を取得したりと技術を磨いております。

ですので、生に肌で感じている体験や信憑性がある内容、実際に効果のある経験談などを記事にしているので、安心して、読んで頂きたいと思っております。

さらに、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛など。

腰を代表とする症状についても、それぞれの解決策や原因などを問いながらまとめています。

ですので、当サイトのZUKIELは、【腰の痛みや足のしびれ】に苦しむすべての人に対して、価値のある情報を載せていくつもりです。

興味のある内容や少しでも気になる記事があれば、是非、参考にしてほしいと思います。

これより、管理人の私の想いについて、簡単な自己紹介を混ぜて紹介させて頂きたく思います。

最後までお付き合いいただけたら幸いです。

それではよろしくお願いいたします。

運営管理人:理学療法士 平林康平

ZUKIEL(ズキエール)てなに?

この度はZUKIEL(ズキエール)をご覧いただきありがとうございます。

ZUKIELは、【どんな腰痛でも解決させたい!】という想いから立ち上げたサイトです。

なぜ、ZUKIELというサイト名なのかというと。

「ズキズキする痛みを無くしたい」という想いに「yell(声援)」を加えて、ZUKIEL(ズキエール)というネーミングにしました。

【痛みをやわらげ改善させる】事を重点的に訴え、腰痛で悩んでいるすべての人を応援したい。

という想いから、ZUKIEL(ズキエール)という造語をつくりました。

少しでも応援いただけたら嬉しいです。

ZUKIEL(ズキエール)を運営する想い

運営管理者の私は理学療法士であり、毎日患者さんの治療に勤しんでおります。

その中で、圧倒的に多い痛みの訴えが『腰痛』です。

  • 腰が痛くて動けない、、、、、
  • 足がしびれて歩けない、、、、
  • 仕事を休めないけど、腰が痛くて、、、、

などと、腰痛に苦しんでいる方が異常に多いのが現状です。

そもそも日本では、人口の約4分の1が腰痛に悩まされているというデータを国が出しています。

その中で、腰痛に苦しんでいる人が減ったら嬉しいなという想いから。

【腰痛の治し方】【腰痛を予防する】事をテーマに、あらゆる腰痛の解決をサポートする為にZUKIELを立ち上げた次第です。

腰痛の真実

昨今、人口の約4分の1の2800万人が、腰痛で苦しんでいると言われています。

腰痛は国民病として、人間の活動制限の一番であり、今では当たり前になっている症状です。

腰痛の医療費は全社会的経費の7~34%に及んでいると言われており、2016年度の日本の予算案の構成は政策経費が約58兆円でした。

腰痛の医療費が7~34%であるので、34%で計算をすると。

58兆円の34%は、約20兆円となります。

つまり、約20兆円が腰痛に関連した医療費として使われている。

という事が言えるのです。

この金額を聞いてどうですか?

多くないでしょうか?

腰痛を治そうとする為だけに国は最大で約20兆円も使っているというお話です。

そもそも、腰痛を予防さえすれば腰痛に対しての医療費を少なくすることができるでしょう。

なのに、腰痛が減らないという事実に対して、どうにかしないといけないのではないでしょうか。

私は、これを強く感じています。

腰痛になる人が少なくなれば、医療費そのものが削減できるし、腰痛で仕事を休む人も減るし。

良い事ばかりではないかと強く思うわけです。

ですので、私は、ZUKIELを通してこの事実を少しでも変えたいと思っています。

腰痛を治す為に必要な考え方

もし、体に不調を感じたらあなたは何をしますか?

・・・・・・

まず最初にインターネットで調べようとしませんか?

グーグルやヤフーの検索窓に、【〇〇〇(スペース)◇◇◇】というように入力して、検索するでしょう。

インターネットが普及してきて、ネット社会になった今。

医療という情報はあふれかえっており、一つ検索すれば、沢山の似たり寄ったりな情報が見つけられる社会です。

昔は病院で診察を受けて、お医者さんから直接聞かなくては得ることができなかった情報が。

今はネットのおかげで誰でも簡単にその情報を手に入れる事ができるようになりました。

簡単に情報が手に入るようになったからこそ、逆に、【ネットに書いてある情報って、本当に正しいの?】という疑問を持たなくてはいけないと思うのです。

ネットが当たり前になった時代の中、【どれくらい情報は正しいのか?】って事です。

  • この情報はどこから得た情報で、どれくらい信憑性があるのか、、、?
  • どれも同じような事を言っているので、そもそも正しいのかどうかわからない
  • そもそもインターネットの情報は信じられない
  • この情報は誰が書いている記事なのか

など、少しでも感じた事はないでしょうか?

ネットの記事なんて誰が書いているのかわからない事が多いです。

その中で、誰が書いているのかわからない事をそのまま信じてしまう。

といった人達が多いなぁという印象があります。

実際に、過去に私が治療を担当していた患者さんで、インターネットの情報を信じて、行動して、逆に腰痛が悪化した。

というケースがありました。

話を聞くと、腰痛に良い筋トレをしたとの事でした。

ここで私が思った事は、筋トレが悪いのではなく、『今のあなたの腰痛に対しては、その筋トレはしてはいけないなぁ』という状態でした。

つまり、ネットの情報は正しいのですが、その情報は『今のあなたには適していない』という事なのです。

で、何が言いたいのかというと、

【ネットの情報は正しい可能性もあるが、あなたに適しているかどうかはわからない】

って事です。

インターネットに記載してある情報は、最近では正しい事が多くなってきています。

信憑性がない情報などは淘汰され、表示されなかったり、問題にされたりしています。

なので、ネットの情報も信頼性が高くなってきていると言えるのです。

ですが、ここで注意しなくてはいけない事は、

【今のあなた(自分)に、ネットの情報が適しているのかどうか?】

という話は別問題だって事です。

インターネットで検索する方は、本気で今の症状を良くしたい。なんとかして治したい。

という気持ちを持っていると思います。

それなのに、ネットの情報を信じた結果、逆効果になってしまった・・・・

みたいな、悲しい結果は残念でありません。

検索して調べた情報に従って、行動したら、痛みが強くなった、、、

みたいな事が当たり前に起こりうるのです。

これを阻止するためにも、ネットの情報は、一歩引いて、この情報は今の自分に適しているのかどうか?

という事を考えなくてはいけないのです。

それに伴って、ZUKIEL(ズキエール)では、あなたに適している情報を導いていけるように努力していきたいと思っています。

運営管理者で理学療法士の平林康平はどんな人間か?

【腰痛で苦しんでいる人を無くしたい!!】と本気でそう思っています。(綺麗ごとに聞こえると思いますが、結構本気で思ってます)

だって、腰痛で苦しむ人がいなくなれば、ハッピーな世の中になるんじゃないのかなぁと思っています。

まず、僕は、理学療法士になってから、腰痛に特化した治療に育む日々を過ごしました。

上司や先輩に指導を受けながら、【患者さんを良くしたい!】という気持ちだけでこれまで来ています。

全てが成功だけでなく、私の技術だけでは良くならなかった方もいますが、それを糧に日々努力していきました。

今では、それなりに患者さんの力になる事ができていると自負しております。

現在も現役で理学療法士として、治療に育みつつ、ZUKIEL(ズキエール)というサイトを立ち上げました。

このサイトでは、私が培った知識を元に【腰痛の治し方】について徹底的に話していきたいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【運営管理者:平林の信念・目的】

★ZUKIEL(ズキエール)を通して、腰痛に悩む人が減る

★ZUKIEL(ズキエール)を腰痛解決NO1サイトにする

★ZUKIEL(ズキエール)を沢山の人に知ってもらう。

★ZUKIEL(ズキエール)=【腰痛お悩み解決サイト】というように認知を広げる

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

以上、よろしくお願いいたします。


【特定商取引法に基づく表記】

【運営者・代表責任者】:理学療法士 平林 (ひらばやし)

【所在地】:東京都港区北青山2-7-20 6階

【電話番号】: 050-5274-4929

【電話受付時間】: 9:00~19:00

【公開メールアドレス】: zukiel.jp@gmail.com

【ホームページURL】:https://zukiel.jp/

【理学療法士免許 取得日】:平成21年5月7日

理学療法士免許

<特定商取引法に基づく表記>

■当サイトは、アフィリエイトプログラム(グーグルアドセンス)を使って商品やサービスの紹介があります。

直接の販売は行っておりません。

ですので、商品に関するお問い合わせは、販売店様やサービス提供者様に様に直接ご連絡くださいますようお願い致します。

以下の内容含め、下記の運営者情報もご参照ください。

プライバシーポリシーに関して、重要な内容を記載させていただいておりますので、
お読みください。 → 運営者情報

<免責事項>

■当サイトに関する記事は、個人的な主観をもとに書いており、すべての人に当てはまるというものではありません。

商品やサービスのご購入に関する最終的な判断はご自身の責任でお願い致します。

万が一、当サイトをご利用することで発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。

あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

<プライバシーポリシー>

情報の取得

当サイトでは、Googleを含む第三者配信事業者がCookieを使用して、ユーザー様のウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。

Google広告Cookieを使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

ユーザーは広告のオプトアウトページでGoogle広告Cookieを使用しないよう設定できます。→ グーグルのクッキーについて。

また、当サイトでは、場合により次の二つの方法でユーザーの情報を取得しています。

※ 登録 ※

当サイトでは、一部のコンテンツについて、ユーザー名やメールアドレスなどをご登録いただく場合があります。

これらの情報は、サービスご利用時にご利用者の確認・照会のために使用されます。

※ クッキー ※

当サイトでは、一部のコンテンツについて、情報の収集にクッキーを使用しています。

クッキーとは、ユーザーがサイトを訪れた際に、そのユーザーのコンピュータ内に記録される事をいいます。

ただし、記録される情報には、ユーザー名やメールアドレスなど、個人を特定するものは一切含まれません。

ですので、ご安心ください。

また、当サイトでは、ユーザーの方々がどのようなサービスに興味をお持ちなのかを分析したり、ウェブ上での効果的な広告の配信のためにこれらを利用させていただく場合があります。

もし、こうしたクッキーを利用した情報収集に抵抗をお感じでしたら、ご使用のブラウザでクッキーの受け入れ拒否に設定をすることも可能です。

ただし、その際はコンテンツによってはサービスが正しく機能しない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

情報の利用

一部のコンテンツでご登録いただいた情報は、当サイトでの、より魅力的で価値のあるサービスの開発・提供のために利用されます。

当サイトでは、ユーザー本人の許可なく第三者に個人情報を開示いたしません。

また、法律の適用を受ける場合や法的強制力のある請求以外には、いかなる個人情報も開示いたしません。

情報の共有

ユーザー様ご自身が登録した本人を同一の個人と確認できる情報は、当サイトのほかの個人向けサービスをご利用になる際に、共有される場合があります。

そして、以前に氏名等をご記入されたことがあることをお知らせするために、当サイトとそのネットワーク内のみで共有される場合があるのです。

あくまでも、共有される可能性ですので。ご理解ください。

もちろん、これらの個人情報を当サイトのパートナーとして承認されていない個人・団体などに、意図的に開示することは決してありません。

ですので、ご安心いただけたらと思います。

以上、宜しくお願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました