腰痛の不安あれこれ。リハビリのプロ理学療法士が解決!

こんちにわ。

腰痛治療家で理学療法士の平林です。

腰痛になると感じるのが不安です。

きっと一度は経験した事があるのではないでしょうか。

この痛みは治るのかな・・
ヤバイ、仕事に行かなくてはいけないのに、動けない・・・
この先どうしたらいいのかわからない

など。

あたまが真っ白になってしまう人もいるでしょう。

腰痛って怖いですよね・・

不安になりますよね・・・

でもね。

そんな不安にならないでも大丈夫なのです。

正しい治療法や適切な対処を行えば腰痛を治す事はできちゃうのです。

それをまずは、心にとめて欲しいなと思います。

腰痛になると不安はつきものだ

で、腰痛になると不安になるのは当たり前でしょう。

だって、動けないんですから・・・・

痛すぎてどうにもできないから、不安になるのは当たり前なのです。

私も沢山の患者様をみてきて感じます。

腰痛に一度でもなると、不安を感じてしまう。

ものなのです。

そのお気持ちわかります。

ですが、、

その不安を取りのぞかなくてはなりません。

やはり、

腰痛に対しての不安や恐怖心があると、良くなるハズである腰痛も治らないのです。

という事で、腰痛には不安はつきものですが、不安を取り除けるように努力する必要があるでしょう。

これを是非、覚えて欲しいと思います。、

このカテゴリーで話す内容について紹介する

では、実際にこのカテゴリーでは、【腰痛と不安】をテーマにしています。

腰痛の不安にまつわるキーワードについて、理学療法士の見解をのべていきます。

腰痛は不安がつきものである事を実感できると、いざ、腰痛になってしまった時に。

不安を感じなくて済む可能性が高くなるのです。

このカテゴリーの内容を読む事で腰痛に対しての不安が取り除かれる事でしょう。

きっと役に立つと思います。

各項目について紹介していく

では、各項目について話していきます。

腰痛で仕事を欠勤するのはアリかナシか?

これは、日本人であると気にする人は多いかと思います。

【腰痛で仕事を休むなんて・・・・】

どうかしてるぜ・・・

って同僚や職場の人達に思われたくないですよね。

変な噂が立つのが嫌だからといって、悩んでしまう人は多いかと思います。

しかし、現在は時代の流れとともに、腰痛患者が多くなってきているのと、腰痛で欠勤する。

という人が多いので、腰痛で仕事を休む事が認められてきている流れがあります。

なので、

腰痛で仕事を欠勤する事はありでしょう。

という事をこの記事では、話しています。

腰痛の治療者との相性が合うかどうかで、治るかどうかも大きく左右されます。

腰痛の治療の為には、治療者との相性は大きいです。

治療者が傲慢であったり、患者さんの意見を聞かない、聞いてくれない。

とか。

であれば、良くなるはずであろう、腰痛も良くならないのです。

だって、嫌な人の言う事は誰だって聞きたくないですよね。

なので、

治療者も患者様も同等な立場でかかわっていかないといけないと思うのです。

という事をこの記事では話しています。

治療と患者の意思疎通は大切

治療と患者の意思疎通は大切です。

治療者は治療方法を伝える側であり、いわば指導者です。

患者はそれを受け入れる必要があります。

なので、

治療者と患者の関係としても意思疎通ができないと治療が進まないという事が言えるでしょう。

この記事では治療者と患者という関係性に注目して話ています。

腰痛の治療者と患者の関係は二人三脚になるべき

良く、治療者が高圧的な立場で、上から目線になっている場合ってありませんか?

患者さんより、治療者が上に立ってしまっている状態です。

もし、このような状態になっている場合は、良くないでしょう。

きっと、あなたの腰痛も治りません。

というのも、

治療者と患者は二人三脚のようにならなくてはいけないと思うのです。

治療者も患者も同じであり、むしろ治療者の方が、患者さんよりも下になってもいい場合もあると思うのです。

というような事をこの記事では話しています。

腰痛だとどこにいけばいいのか?

腰が痛くなったら、どこに行けばいいのか?

疑問に思いますよね。

  • 整骨院?
  • 整体?
  • マッサージ?
  • 整形外科?

と思い浮かぶと思います。

そもそも、整体や整骨院、マッサージの区別もつかないし、意味をわかっていないので。

だから、家の近くの接骨院や整体に通ってみる。

という方法を取る人が多いのかなと思います。

この記事では、腰が痛くなったらまず、どうするべきか?

について言及しています。

きっと、参考になると思います。

腰の痛みで医療費控除は受けられるのか?

この記事では医療費控除について話しています。

医療費控除について、どのくらい知っておりますか?

1年を通してかかった医療費の控除がある。

のは知っているけど、実際には意味をわかっていない。

という人もいるでしょう。

この記事では腰の痛みと医療費控除をテーマにしています。

参考に読んで欲しいと思います。

腰痛で退職するってどうおもいますか?

あなたは、腰が痛くてどうしようもなくなったら、仕事はどうしますか?

腰が痛くて動けないと、仕事もできないし、不安になる事でしょう。

もちろん、そう簡単に仕事を辞めるわけにはいかないでしょう。

しかし、

腰痛がどうしても治らない、辛すぎる場合は、【退職】という道も考えてしまうでしょう。

この記事では、腰痛と退職について話しています。

参考にしてほしいと思います。

腰痛に対しての医療費が一番掛かっている

腰痛は、医療費が最もかかっていると言われています。

実際に、腰痛の治療の為の医療費は1番と言っていいほどです。

では、その腰痛でくるしむ人が少なくなれば、日本の医療費も減る。

という事がわかるでしょう。

この記事では、そんな腰痛の費について言及しています。

腰痛と人間関係のストレスは大きく影響している

腰痛になる人の原因として、ストレスが大きく影響している場合があります。

ストレスの種類は色々とありますが。

最も多いストレスれが人間関係になります。

人間関係に悩んでしまう人程、腰痛になってしまう人も少なくありません。

この記事では、【腰痛と人間関係のストレス】をテーマにしています。

参考にしてほしいと思います。

腰痛は心理的要因が大きい場合がある

腰痛には心理的要因が大きく締めている場合があります。

これは、ストレスと似たような事ではありますが。

心理的な原因や問題を抱えているとそれが体の痛みとして現れてしまう。

という現象が起きるのです。

その痛みが腰に現れた場合に腰痛となるのです。

この場合は、腰に機能的な問題がないので、この心理的要因が解消されれば、腰の痛みも改善します。

しかし、

なかなか、改善しないのが事実にあります。

というように。

心理的要因と腰痛についてこの記事では話しています。

腰痛のストレスに負けない方法

で大切な事は、ストレスに負けない事です。

これは、心理的なストレスも含め、腰痛によって、生じるストレスに関しても言えます。

ストレスに負けない意思と思考を持つ事で、あなたの腰痛も治りますよ。

という事です。

やはり、どんなストレスでも腰痛を起こしてしまう可能性があります。

なので、

腰痛を防ぐ・改善するためにも、ストレスを排除する努力が必要になると言えるのです。

この記事では、そのストレスに負けない方法を紹介しています。

最終的に、腰痛でも不安になる必要はない

このカテゴリー内の記事を通して、あなたには、

【腰痛になっても不安を感じない】ようになって貰いたいのです。

腰痛になってしまう原因は必ずあります。

  • 腰の機能的な問題の可能性もあります
  • ストレスが多きく影響している場合もあります
  • また、内臓器官の問題によった腰の痛みの場合もある

などと。

腰痛は必ず原因があると思うのです。

原因不明だとしても、治療に取り組めば、症状が良くなる。改善した人も沢山います。

ですので、

腰痛になってしまったからと言って、ひとしきりに【不安】にならないで欲しいのです。

諦めずに治療に取り組んだ人だけが、腰痛を改善できると思うのです。

この事実を噛みしめて欲しいなと思う次第です。

という事で、

このカテゴリーないの記事を通してあなたが抱える【腰痛への不安】が取り除かれれば嬉しく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

腰痛と不安

腰痛で退職は甘えにはならない!素直に辞めていいと思うよ。

腰痛で退職をしてしまう人が世の中には一定数います。 これは仕方ないことなのでしょうか? 今回は、この問題について個人的な考えをのべてみました。 私は、腰痛で退職はOKだと思っています。 共感できる部分があれば嬉しいです。 では、宜しくお願いいたします。
腰痛と不安

腰痛は治療者との相性が良いと改善する。

腰痛は治療者との相性が大切になります。 この部分が良くないと、改善する物もなおりません。 信用できないセラピストであれば、言う事も聞きたくないですよね。 というように、関係性は重要だと言えます。 なので、腰痛も治療者との相性が大切です。 今回はこの部分について記事にしました。 是非、読んでください。
腰痛と不安

腰痛はストレスが原因でもある。リハビリのプロの見解

腰痛はストレスが原因の時もあります。 もしかしたら、あなたもそうかもしれません。 対処してみたら、改善するか可能性もあります。 この記事を通して、腰痛はストレスが原因になりうる場合もある。 事を知ってほしいと思います。
腰痛と不安

腰痛は不安によって起こる!?ストレスから生じるの?

腰痛は不安から生じる事があります。 ストレスが原因で起きてしまうのです。 如何に影響しているのか? という事が理解できると思います。 この記事を最後まで読んで、 腰痛は不安から発症する可能性も多いにある。 という事を理解して頂けたら嬉しいです。 では、宜しくおねがいいたします。
腰痛と不安

疲れで腰は痛くなるの?重だるいそんな辛さを解決しよう。

疲れで腰は痛くなるのか? という事を紹介しています。 実際に精神的、肉体的な苦労によって、 症状が起きている場合があります。 この記事では、その対策や解決策について紹介しています。 最後まで読めば、疲れで腰が痛くなる事はある。 ということが理解できるでしょう。
腰痛と不安

腰痛で仕事を辞めるべきか?と悩んでいるあなたへの処方箋

腰痛で仕事を辞めるってどう思いますか? アリかナシか?どうでしょうか? 今回は、このような疑問について考察しました。 この記事を読めば、新たな考えを得ることができると思います。 腰痛で仕事を辞めるのも大丈夫ではないでしょうか。 是非、最後まで読んで欲しいと思います。
腰痛と不安

腰痛で仕事ができない!治したいので対処法を教えて

腰痛で仕事ができなったら、どうでしょうか? あなたは耐えられますか? 実際に退職や転職までする人もいます。 それほどまでに、深刻な問題なのです。 この記事では、腰痛で仕事ができないあなたの為に、対処法を紹介しています。 最後まで読んで、参考にしていただけたらうれしいです。
腰痛と不安

腰の痛みで休むのはありか?実際の体験談と考察のまとめ

腰の痛みで休むのはありか?なしか。 どう思いますか。 この記事では、実際の体験談と考察を紹介しています。 周囲の目が気になったりして、言いづらいと思います。 しかし、 仕事を腰の痛みで休む人は以外と多いのが事実にあります。 この記事では、これに関して話しているので、是非参考にしてみてほしいと思います。
腰痛と不安

腰痛で欠勤するのは甘えなのか?実際の体験談から考察する

腰痛で会社を欠勤したくなる人は沢山います。 我慢できない程の強さであれば仕事に行きたくないのは当然で。 『上司に言い出せない』気持ちになるでしょう。 この記事では、腰痛で会社を欠勤する際に不安になる必要はありません。 という内容です。あなたの後押しになると思うので是非、一読してみてください。
タイトルとURLをコピーしました